アウトソーシングとは

皆さんはアウトソーシングと言う言葉をご存じでしょうか。アウトソーシングは日本語で外注という言葉を指します。一般的には自社ではなく別の企業・個人にお仕事を委託する事を意味しています。

現在では様々な分野において、アウトソーシングを用いた企業も多く存在しています。特に多いのがサービス関係のお仕事などです。人と人とが直接接するようなコールセンターといった場所では、電話による営業や勧誘といった分野において、企業から直接依頼を行い、新規顧客へ繋げる営業をされているところもあります。コールセンターのアウトソーシングは保険や金融といった専門的な業者以外にも、クレーム対処や通信販売の対応などを行うところまで様々です。

個人が請け負うアウトソーシング業としては、在宅ワークなどを指すケースがあります。主にWEB用の記事作成を行う他、簡単なデータ入力・DMの作成など、企業内でまとめて行えないようなお仕事を外注という形で依頼するケースが多くあります。ただし、個人情報などを含む業種でもある為、公にアウトソーシングで仕事を依頼しているという業者は少ないのが現状です。

その為「在宅での仕事がある」とアウトソーシング業務を装い、初期費用などをだまし取る詐欺の手口も後を絶ちません。大手企業が行っているアウトソーシング業務と比べ、在宅での外注業務があまり浸透していない背景にはこういった問題が山積みとなっているからだと言えるでしょう。

※特集
データ入力のアウトソーシング業務をうけているスリープロのサイトです・・・データ入力